「家づくりドットコム」ハウスメーカー・建築家・工務店を徹底比較

工務店について


・地域に密着している工務店が多いので、地域に合った設計や施工ができます。
・ハウスメーカーほど安定した施工は期待できない。職人の技量によって住宅の出来上がりが変わります。

○ 設計

【メリット】

 地元密着型が多く話がしやすいので、施主の思っている事が伝えられる。

【デメリット】

 工事が業務の中心であり、設計はサービスとして扱われるため、設計担当の能力が低く、イメージが伝わりにくい場合がある。デザイン性の幅も狭いので、特徴が無い事が多い。

○ 工事

【メリット】

 現場監督とコミュニケーションが取りやすいので、気になる部分が、質問しやすい。業者によっては使い慣れた材料などがあり、素材を活かした建物が期待できる。

【デメリット】

 自社で設計、監理することになる場合が多く、その場合の確認などが疎かになる場合が多い。問題が起きたときに、どのように対応するかが気がかりです。

○ 工期・建設期間

【メリット】

 遅くも早くも無く、普通ぐらい。

【デメリット】

 ハウスメーカーほど大規模ではないので、急がしい時期などは工期が長めに取られることも。

○ コスト・価格

【メリット】

 予算に合わせた、現実的な見積もりを提示してくる。材料費を抑えたりして、コストダウンも意外に出来る。

【デメリット】

 予算に合った仕様が、工務店主導で決められるため、競争原理が働かない。決まった坪単価がわかりにくい。



●工務店の選び方

 

 工務店もハウスメーカーと同じく住宅展示場に見に行く前に、ネットや口コミなどで情報収集しましょう。本屋さんなどでも、地元工務店の特徴を載せた本などもあります。情報を集めたら資料請求を行い、自分の好みに合った工務店を選びましょう。
 何社か決めたら、住宅展示場や会社に行き、実物を確認し選びましょう。工務店によって得意分野が違うため、いろいろと比較してみると良いと思います。